リハビリ治療途中経過

  1. リハビリ室にてリハビリを行う。
  2. アシストを一番軽くしてリクライニングシート一番倒して自転車にて筋力トレーニングを開始する。
  3. 5分×2本上記自転車こぎを行い間に5分間の休憩を取る。
  4. 理学療法士の先生先生の肩とリハビリ室内に有る手摺を利用してリハビリを行う。
  5. 左腕は理学療法士の先生の肩を’借り、右腕では手摺を使い歩行練習を行う真ん中ぐらいまでの歩行が出来るようになる。
  6. 歩行練習は身体全身が痛くて大変でした